BAR~SMITH~
バイクやら道具について書いたり書かなかったり
プロフィール

kiku

Author:kiku



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロットはアクティブに
1年半ほど前後タイヤはメッツラーのレーザーテックを使用していた。リアは一度交換したもののフロントは大分長持ちして14000kmほどで残り1mm程度となった。少々ハンドリングにブレを感じてきたので前後とも思い切って交換することにした。
CB400SSはフロントに19インチを履くためか、他車種に比べるとタイヤの選択肢が少ない。今まで試したことのないタイヤで残っているのはダンロップのK460(前)K560(後)のブロックタイヤ、ピレリのスポーツデーモン、ミシュランのパイロットアクティブくらいだ。
ダートはそうそう走るつもりもないし、グルービング加工路面での挙動がアレなのでブロックは選択肢にありながら最初から除外。スポーツデーモンはハイグリップタイヤで確実に寿命が短いのでパイロットアクティブを選んだ。
IMG_3495.jpg
フロント
IMG_3496.jpg
リア
リアは純正サイズ(110/90-18)がないのでワンサイズアップ(120/90-18)。

交換したのが先月中旬で間もなく1ヶ月になるのだが、殆ど走っていないw未だにヒゲが大量に残ったままだ。休日の度に雨になったりパニアケースのステーの作り直しのためサス付近をバラしたりしていたもので…そうこうしているうちに高速の1000円上限は今月19日で終わりだし。週末にはパニアも一段落する…はず?晴れたら久々に走ろう。

メモ:名古屋~仙台間のフェリーが先週から運航を再開したようなので、夏の休暇は4年ぶりにバイクで帰省しようかな。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

6年目
CB400SSに乗り始めたのが2006年4月23日。丸5年少々が経過した。
VFSH0073.jpg
1st
海
2nd
VFSH1233.jpg
3rd
IMG_2354.jpg
4th
IMG_3229.jpg
5th

2度の車検と2度のエンジンOHを経て、現在の総走行距離は44558km。去年の車検前が34740kmだったので今回も年1万キロには届かず。今年度中に5万を超えるだろうか?
IMG_3401.jpg IMG_3411.jpg
左:せせらぎ街道 右:根尾付近
今年は春先でも寒さを感じる日が多い気がして県内をうろつくに留まっている。ようやく明日から連休なので遠征する予定。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

東日本大震災
2011年3月11日(金)
生涯、この出来事を忘れることはないだろう。
以下、当時の動向・私見を述べるが不適切な表記もある。
[続きを読む...]

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

「そんな装備で大丈夫か?」 ~2010年編~
道の駅などでタイトルのように問われたら「大丈夫だ、問題ない」と返答できる、そんなライダーに私はなりたい。

バイクに乗り始めて5年ともなると大体の装備は揃ってくるので新たに買い足す場面は少なくなる。いい物は長く使いたいが、新しい技術の導入された製品には多少なりとも期待させられる。昨年購入したバイク用品を勝手に評価するので参考になれば。掲載順が大体の購入順となる。

ショウエイ CW-1 ピンロックシート 評価:5
tenkomori-0071_cw-1-fog-free-sheet.jpg
マルチテックへの流用のため購入。コンタクトレンズとの併用で冬場でも視界において困ることがなく最初から最高の評価。ピンロック用のピン部分は単品売りしてほしい。

デグナー NB-47 エコバナナバッグ 評価:4
nb47.jpg
大阪モーターサイクルショーの試乗の際、会場内でヘルメットを運搬する必要があったため購入。リュックタイプのものもあったがよりコンパクトなこちらを選んだ。フルフェイスが入る容量と生地の丈夫さ(リップストップナイロン)が特徴。欲をいえばもう少し収納時に薄くなるとよい。

RS TAICHI ステルスCEガード for ニー 評価:3.5
image.jpg
それまでラフロのニーガードを使っていたが、着け心地は良くなくゴムも伸び切っていたので買い替え。CE規格に通っていて柔軟な素材、裏側は蒸れを抑えるメッシュ生地を使用。着け心地は非常に良い。中のプロテクターを外して生地を洗濯でき、乾きも早いので夏場も重宝する。しかし下のベルトが左右共通の向きなのが非常に気に入らないw普通左右で逆向きに取り付けるでしょうに。不良品かと思って同じ商品をもう一つ店員に開けてもらったが同じだった。コストの問題なのかもしれないがどうかと思う…

ホンダ ボディプロテクター セパレート 評価:4
13768374_o1.jpg
正確には「安く譲ってもらった物」。今まで転倒して胸を打ったことはないが、万一の時に多少生存率を上げるために使用。以前から持っていたバックプロテクターに縫い付けた。最初は大きすぎると思ったが、爪部分が噛み合った状態でジャケットのフロントを締めれば外れることはない。プロテクターの内蔵されていない革ジャンの中にも着込んでいる。中空構造なので冬場は暖まった空気の層となり寒さ対策にもなるという付随効果付き。

RS TAICHI クールライドアームカバー 評価:5
rsu239_l-r.jpg
夏用のジャケットは内側がメッシュで出来ていても素肌の腕で着ると汗のせいで通りが悪い。速乾素材のTシャツもあるが出先で腕を捲くると食い込んで鬱陶しい。これは腕部分のみのカバーで乗車時以外は脱げばいい。他社からも似たような製品は出ているが、柳のような細腕の自分にはSサイズがあったことがありがたかった。

デグナー タンクバッグ NB-15 評価:4
img55523984.jpg
それまでは自作のマップケースを使用していたが、そもそも自家塗装のタンクとのマッチングの問題で妥協したものだった。現在は純正タンクに戻したので通常のタンクバッグが使える。デジカメやサングラスなど荷物が増えてきたので購入。SSの小振りなタンクにはサイズ的に丁度いい。荷物が増えたら容量を増やせるのもいい。たまに4箇所の吸盤のうち1箇所くらい外れていることがあるが脱落したことはない。吸盤面を下にして平滑な床やロッカーに置くと吸盤が貼り付くので吸盤を隠す機能も欲しいところ。

ハロルズギア ホースハイド レザージャケット 評価:3.5
IMG_3169.jpg
黒の革ジャンを持っているが茶も欲しくなり某オークションで入手。10kもしなかった。黒はSサイズでフィット感はいいが厚手のシャツを着込むと窮屈になりやすいのでMサイズにした。こちらも馬革だが鞣し方が違うようで非常に柔らかい。確かにゆとりのあるサイズだが、プロテクターを着込んでも胸元が少々大きく野暮ったい印象となる。両脇のポケットにジッパーが付いていないのが難点で、昼食用に買ったパンを突っ込んでおいたら紛失したwジッパーの取り付けやサイズダウン加工でも依頼するか、だったらフルオーダーした方が早い気もする。

RS TAICHI ステルスCEガード for エルボー 評価:2
image2.jpg
これまで着ていたジャケットには肘パッドが付いていたが革ジャンには付いていないので購入。しかしゆとりのある茶の革ジャンでも中に着込むと窮屈過ぎる。スノボの際に使ったが固定ベルトなどはなくフリーサイズで少し大きいのか激しく動くうちにずれてくる。

パワーエイジ ネックウォーマーNEXT 評価:1
000pa-217_r2_c1.jpg
昨年購入したバイク用品で最も失望させられた商品である。元々同社の同じネックウォーマーを使用していて、そちらは形状・機能共に問題なかった。使ううちにベルクロ周辺が毛羽立って荒れてきたので買い直したのだが…
IMG_3295.jpg
左が旧型、右が現行版
顎部分の形状変更が改悪としか言いようがない。妙に鋭角になっていて顎先にフィットしにくい。エヴァ〇ゲリオンのような顎形状じゃないと無理ですw生地も変えたのか妙に筒状に丸まるし。「首輪」のような現行版より「涎掛け」のような適度な拡がりのある旧型の方が断然使い易い。よって今でもボロい旧型をメインに使っている。もし旧型の在庫があるならもう2,3枚欲しいくらいだ。

バイク用品店で店員さんに「そんな装備で大丈夫か?」と問われる事が今後あるかもしれない。そんな場合はこう答えよう。

「一番いいのを頼む」

テーマ:装備 - ジャンル:車・バイク

東へ西へ
日曜はこの時期としては結構動き回った。
路面の凍結を考慮して10時過ぎに家を出たが、高速の日陰の路面はまだ融けた直後と思われる湿った箇所もあった。

※先日初詣に行ったときの出来事だが、スキー場帰りと思われる車から落ちてきた雪の塊が破片となってヘルメットに当たった(最初ガラスの破片かと思った)。その後も断続的に落としていたので追い抜いたが皆様も前方の車の様子にはお気をつけ下さい。

中古で入手した革パンをクリーニングに出すためカドヤ名古屋店に向かった。元々使い倒すために買ったものなので自分で洗っても良かったのだが、同時に改修してほしい部分があったため「ならばいっそのこと」とまとめてしまうことにした。カドヤは仙台店に一度行ったきりで就職してからは初めて行ってきたが、やはりいい革を使っているようだ。何点か試着してきたがSサイズだと小さくMでほぼジャストフィット。胸元にやや余裕があるがあれ以上のフィット感が欲しいならオーダーするしかない。
用事が済んだら今度は大垣へメガネを新調しに向かう。持っていた割引券の使える店舗は名古屋にもあるのだが、周辺に駐輪場がなく路駐は危険が伴うので止めておいた。それ以外だと大垣しかないので遠いが仕方ない。それまで使っていたメガネは表面のコーティングが剥がれているもののまだ使えるので、一番グレードの低いレンズに入れ換えて予備に使えるようにした。バイクのボックスにでも常備するかな?わざわざ新調したメガネは以前のものと大して外観の違いがないというオマケ付きw
わざわざ大垣方面に向かったのは試乗するためでもある。大型免許を取ってからはまだCB1100しか乗ったことがない。まだツーリングするには寒い時期だし、それなら乗れるものは片っ端から試しておこうかと(一応購入を前提としていますw)。午前中に2台予約してきた。
CB400SSは現状で手放すつもりはないのでバイクは「買い足す」形になると思う。だったら全く違うタイプの車両に乗ってみたい。磨くのも楽しみの一つだが、次のバイクは「走るため」だけのような、プラスチック感バリバリのものが欲しい。リッタークラスのような大きさも重量もまだ欲しいとは思わない。まだ風圧には耐えられるし、立ちゴケの一度や二度はするだろうからフルカウルも不要。国産だとホンダはこのジャンルにあまり力を入れていない気がする。カワサキだとZ750、スズキだとグラディウス650辺りが近からず遠からず。
IMG_3299.jpg
こちらが本命のF800R。元々カウルの付いたF800S(ST)をネイキッドにしたモデルで車重も軽く(199kg)ABSの付いたモデルもある。
IMG_3297.jpg
もう一台がストリートリプル(Type-R)。元々本命のF800Rの比較用に予約したのだが、当日は来店が遅くてこっちにしか乗れなかったwしかしこいつが予想以上に面白い。SSと比べるとステップの位置が後ろでそこそこの前傾姿勢になる。SSがアクセルを捻って徐々に加速していくのに比べ、トリプルは捻った瞬間から弾丸のように加速するのだ。10分(店側の指示による)ほどの試乗で全てを把握することはできないがとても興奮させられた。スペックも189kgの軽量な車体に675ccの水冷3気筒エンジン、最高出力106ps(CB400SSは29ps)と3倍近い。F800Rも今度試乗するつもりだが心が揺れに揺れている。

誰か買って下さいw

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。