BAR~SMITH~
バイクやら道具について書いたり書かなかったり
プロフィール

kiku

Author:kiku



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't cry,boze.
ボーナスを投資してみた。
マルチテック

ショウエイのマルチテック。キャンペーンセール期間で2万円ほど値引きされていたのでつい釣られて購入した。マルチテックの販売以降シンクロテックも大分値下がりしているが、どうせなら性能の上がったモデルを使ってみたいと思ったのも理由。
現在メインで使用しているテレオス3はあと半年ほどで3年使用したことになる。使用頻度にもよるが一般にヘルメットの寿命は3年くらいだと言われている。バイクに乗り始めた頃は「3年?早すぎだろ!」などと考えていたが確かにテレオスを見てみると内装は所々毛羽立ち、落としたことはないが外装の傷も目立つようになってきた。内装は交換できるしワンタッチバックルのお陰で気軽に使えるのでまだまだ頑張ってもらうつもりだが。
不評のエラ

メーカーのページでもあまりお目にかかれない正面から。このエラの張り出したような形状がかなりの不評であるらしい。空力特性などを考えての結果なんだろうけど。グ○やらスター○ォーズの雑魚役に見えるとか。この辺りはシンクロのほうが良かったかも。
ヘルメットを選ぶ基準は人によって様々だと思う。安全性を重視してフルフェイスを選ぶ人、外出先で頻繁に脱いだりメガネを外すのが面倒でジェットタイプを選ぶ人、とりあえず被らなきゃ違反になるから半ヘルを被る人。いろいろだが「頭を小さく見せたいから半ヘルを選んだ」という考えがどうも理解しがたい。「フルフェイスを被ると頭でっかちに見え、マッチ棒っぽくてダサい」とか。ヘルメットは安全性も然ることながら、走行時に快適であることが重要だと思う。走っている時に頭が小さく見える必要がどこにあるのだろう?被ったまま生活するならともかく、他のウェア類と違ってヘルメットは走行時以外は脱ぐし。それにスピードを出したら風が舞い込んできて確実に快適じゃないと思う。シールドも無い半ヘルでレーサーレプリカに乗っている人もいるようだが、逆に感心さえする。夏場はよく虫の特攻も受けてきたしなぁ。
システムメット3種

新旧システムメット。やはり値段が上がるごとに被り心地は良くなっているようだ。テレオスは2時間くらい被り続けているとたまに頭が痛くなってくる。YJ-6ではそういうことはなかった。マルチでのロングツーリングはまだやってないけど期待している。剛性が高いためかまだ馴染んでいないためか、かなりチークパットが頬をホールドしている感が強い。決して不快な感じではないけれど。気をつけないとメガネを破壊してしまいそうだw
天気の悪い日が続いてまだ一度しか走行していないけどなかなかいい。風切り音がしないわけではないけど、音が内部にまでは巻き込まないといったところか。テレオスだと少しスピードを上げるだけで「ヒュオーン」という高音が入ってくる。それがかなり低減されている。付属していたチンカーテンのお陰だろうか?寒いのでベンチレーションはまだ試していない。ショウエイのベンチレーションは結構評価が高いらしいので実感できるといいのだが。テレオス、YJ-6にもベンチ口はあるが特に効果を感じる事はなかった…
不満な点は、曇り止めのためにシールドをほんの少し開けると言う機能があるが固くてイマイチ使いづらいこと。位置ももっと前にあるといい気がする。慣れの問題だろうか?あとはワンタッチバックルでないこと。確かにDリング方式の方が確実かもしれないが…まあもっと使い込んでいかないと分からない面が多い。
フェイスオープン

オープン時の高さはマルチが高い。気を付けないとドアをくぐる時にチンガードを破壊しかねない。
プラグ交換

スパークプラグを交換した。DENSOのイリジウムからNGKのイリジウムへ。走行距離は忘れたが、期間にして1年近く交換していなかったようだ。これはいかん…交換完了。
イニシャルアジャスター(バーハン用)

kkさんの発案していたイニシャルアジャスターが到着。写っていないけど交換用のスプリングカラーも付属。寸法などで何度かやり取りしていたが、バーハンの場合ハンドルとの干渉が心配だった。これは六角レンチで調整ができるので問題なさそう。装着はまだ先の話になりそう。
水研ぎ完了

まずはこいつを。厚過ぎる白を削って調整し全体を足付け。#320などでかなり削っても残っている白。完全に塗り過ぎだ…クラシカルホワイトの隠ぺい力は悪くないようだ。最初は空研ぎしていたが、あまりにペーパーの目が詰まるのが早いので途中から水研ぎした。乾燥のため1日ほど乾かしてから塗装予定。
リベンジ用

新聞紙で覆うより確実な幅広のマスキングテープを用意した。あとはラインテープも各種。今度こそ成功させたいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ironjunky.blog104.fc2.com/tb.php/135-221c79e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。